髄膜炎菌性髄膜炎 血清群B型ワクチン 取扱い開始しました。 2014-05-14

 

髄膜炎菌性髄膜炎 血清群B型ワクチン 取扱い開始しました。

10300517_10203787280985808_871077148028966593_na cure for genital herpes width=”300″ height=”192″ />

日本では症例は少ないですが(BとC型が日本に土着)、世界中で一番多く、欧州や米国でも最も多い髄膜炎菌感染症の血清型です。日本では熊本の野球部の寮での集団感染が記憶に新しいところです。

脾臓摘出、機能的無脾、骨髄移植など、ハイリスク患者さんはコンジュゲート4価とともに、このB型の髄膜炎菌ワクチンはとくに必要と思われます。

昨年はプリンストン大学とカリフォルニア大学サンタバーバラ校で流行し、ラクロスの選手が足の切断にまで至ってしまいました。