蚊媒介感染症対策

蚊が媒介する感染症には多くの種類があります。
マラリア、デング熱、チクングニア熱、日本脳炎、黄熱病、ジカ熱、ウェストナイル熱、リフトバレー熱など。ワクチンが存在しない物が多いです。

●虫除けのスプレー・ローションは完璧ではありません(DEETは最低30%が望ましいです。)
●予防薬だけでは不充分なこともあります。
●駆虫剤入りの優秀な蚊帳は、日本では購入できません。
●マラリアは、救急処置が必要な感染症です。帰国後の発症時には専門医療機関にかかりましょう。

当院常備のマラリア予防薬

ドキシサイクリン メフロキン
(メファキン)
マラロン
(アトーヴァクォーン・プログアーニル合剤)
小児用マラロン

緊急治療薬も常備しております。
有効性の高い忌避剤と薬剤入りの蚊帳を取り扱っております。

なお、黄熱ワクチンは当院では取り扱っておりません。
「厚生労働省検疫所FORTHホームページ」に黄熱ワクチン接種機関の表があります。
http://www.forth.go.jp/useful/yellowfever.html#list